• 毛周期と脱毛の関係

    毛周期と脱毛には大きな関係があります。特に現在の脱毛方法においてはこの毛周期を考えながら施術を行っているため、どうしても時間がかかってしまう部分があります。

    体毛が成長するサイクルは成長期、退行期、休止期と3つあり、主に毛が成長する期間は成長期となっています。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はこの成長期の毛にしか効果を与えることができず、一度の施術ではまばらな効果しか与えることができません。人間の体毛は全てが同じ周期に滞在しているわけではなく、成長期、退行期、休止期がバランスよく混在しています。これによって同じ量が抜け落ち、生えていることになり、常に同じ髪の量を保つことができるようになっています。

    毛が成長するには毛根にある毛母細胞が毛細血管を通して栄養素を受け取る必要があります。この毛母細胞が生きている限り毛は新たに生まれてくるため、永久脱毛を行う場合は大元から断ち切らなければなりません。フラッシュ脱毛、レーザー脱毛は毛根から焼き切る施術となっているため、永久脱毛が可能となっています。
    体毛の成長するサイクルは部位によっても異なってくるのですが、おおよそ2か月から3か月程度となっており、脱毛の施術もこれに合わせて行われてることが多くなります。また、施術のメカニズム上、太くて濃い毛の方がより大きな効果を与えることができ、逆に産毛などの薄い毛は場合によって脱毛できない可能性もあります。
    毛周期を考えた脱毛プランを考えなければならず、永久脱毛には長い時間を要します。


町田・多摩・相模原の医療脱毛・レーザー脱毛おすすめ病院ランキング | 美容医療の口コミ広場