• ホルモンと脱毛の関係

    人には毛の薄い人と濃い人がいます。一般的には男性の方が女性よりも毛が濃い傾向にありますが、これは男性ホルモンが大きく関係しているためです。今回はホルモンと脱毛の関係について紹介します。
    参考サイト:http://clinic.e-kuchikomi.info/datsumo/pref_12/area_ss11

    毛を太く、濃くするホルモンが男性ホルモンですが、これは男性だけでなく、女性も持っているものです。女性でも男性に多いAGAという脱毛症にかかることがあり、これは男性ホルモンによるものです。このように男性ホルモンは毛の成長に大きな影響を与えるもので、ホルモンのバランスは毛の成長に必要不可毛となっています。
    男性と比較すると女性は毛の成長が時期によって大きく変わってきます。これは女性のホルモンバランスが男性と比較して変化しやすい体質にあるためです。

    思春期や妊娠、出産期をはじめとして、ホルモンの変化が大きくなる時期が男性より多くなり、それに従って毛の成長サイクルも変わってきます。ここで重要なことは男性ホルモンの量自体はあまり変化がないということです。更年期などを迎え、女性ホルモンの量が少なくなると、相対的に男性ホルモンの割合が高くなります。これにより、男性ホルモンの力は強くなり、今まで毛の薄かった部分も濃くなってしまいます。

    特に年齢が高くなるにつれて女性ホルモンの量は少なくなる傾向にあります。大豆など女性ホルモンのバランスを整える食品もありますので、必要量を摂取するように心がけましょう。まずは、体内環境を整えることが大切です。