• 色素と脱毛の関係

    日本においてはフラッシュ脱毛、レーザー脱毛が主流となっていますが、海外でもそうであるとは限りません。これは色素が大きく関係しています。今回は脱毛と色素の関係を説明していきます。

    アメリカなどにおいてはフラッシュ脱毛はほとんど行われておらず、一般的に針脱毛により脱毛を行っています。フラッシュ脱毛が行われないのは脱毛そのものができないためです。フラッシュ脱毛の原理は毛にあるメラニン色素に反応する光を照射することにより、毛根から細胞を焼き切ります。メラニン色素は髪の毛を黒くする成分でもあり、金髪などには効果を与えることができません。
    日本人をはじめとする有色人種は紫外線から身を守るためにメラニン色素を多く持っており、これが体毛を黒くさせています。
    しかしながら、黒人の場合は肌も黒いため、フラッシュ脱毛はできません。光を照射すると体毛だけでなく、肌にも吸収されてしまう為です。そう考えるとフラッシュ脱毛は日本人をはじめとするアジア全般の人種に効果の高い脱毛方法であると言えます。
    最近気になった町田の医療脱毛に関するお役立ち情報コーナーです。

    当然メラニン色素に反応して脱毛を行いますので、日本人であっても日焼けをしていたり、タトゥーを入れていたり、ほくろがあったりすると脱毛することができません。ほくろやタトゥーなどは部分的あれば肌色のパッチを貼ることで対処してくれる場所もありますが、日焼けの場合はどうしようもないので施術を受ける際には日焼けをしないようにしましょう。